2歳差姉妹の育児日記

現在、2歳(もうすぐ3歳)と1歳の姉妹の育児日記。2歳差ならでは、姉妹ならではの育児についてや育児便利グッズについて書いていきます!

2歳差姉妹の育児日記

秋の公園でどんぐりを拾おう。おすすめの遊び方。

 

こんにちは。

先日の休日に普段は行けない大きな公園に家族4人で行ってきました♪

 

公園といえば、滑り台などさまざまな遊具。

これで遊ぶのが子どもたちは大好きです。

 

 

公園での人気の遊びはやっぱり遊具

f:id:nisaisa-ikuji:20191026102051j:plain

実際に行ったところではありませんが、このような公園に行ってきました。

長女は大きな滑り台をしたり、斜面ネット登ったり、ちょっとしたボルダリングなどを制覇♪

休むことなくあっちへ行きこっちへ行き、3歳児の体力は凄まじい( ゚д゚)

 

次女はアスレチックの階段を登ったり降りたりのエンドレスでした!

階段を登ったあとに滑り台をするわけでもなく、登ったらすぐ降りるの繰り返し…

そのまま滑り台や違うところに連れて行くと怒る1歳児…

長女のときを思い出します(^^;;

 

一通り遊具で遊び終えて、お昼休憩。

 

遊具での遊びに疲れたら。どんぐり拾いで親も子も小休憩

遊具での遊びはたくさんの子どもたちがいたのもあって常に目が離せませんでした。

一緒に階段を登ったり降りたり、体力的にもきつかったので、お昼後はどんぐり拾いに行こうと声かけました。

 

袋いっぱいになるほど拾い、お砂場でどんぐりを使ってお料理ごっこをして遊びました。
その公園は緑色と茶色の小さなどんぐりがたくさん落ちていました。

 

 

    長女

ここは緑色で小さいどんぐりが多いね。

 

                                                                                                                             私

そうだね。家の近くで拾うどんぐりは茶色でもっと真ん丸で大きいよね。

 

    長女

ここのどんぐりは赤ちゃんなんだね。
帽子かぶっているのかわいいね。

 

 

娘たちと話をしながらのどんぐり拾いは楽しかったです♪

どんぐりころころの歌を歌いながらのどんぐり拾いは最高です!(笑)

 

今の時期しか楽しめない遊びですよね。

 

家の近くのどんぐりは大きくて子供の手では4つが持てる限界です。

f:id:nisaisa-ikuji:20191023195858j:image

 

 公園で拾ったどんぐりとの比較

f:id:nisaisa-ikuji:20191023200338j:image

 


どんぐりって色んな種類があるんですね!!

ちなみに、みんなが帽子と呼んでいるものの正式名称は「殻斗」かくと)というんですね。

栄養を実に行きわたらせる役目をしているんだそうです。

 

 

謎の赤い実も拾ってましたが、次女の手の中でグチャグチャに(笑)

f:id:nisaisa-ikuji:20191023200453j:image


f:id:nisaisa-ikuji:20191023200449j:image

 
どんぐりを家の中に持ち帰って遊ぶ場合、虫処理をしてからじゃないと虫がわいて出てきてしまうことがありますので気をつけましょう!

特に緑のどんぐりは、虫が卵を産み付けてから枝ごと切り落としてることもあるそうです…

 

 

虫処理の方法

《水で茹でる方法》

使うもの

・水

・鍋かフライパン

(フライパン使用に抵抗がある場合、ステンレスのボールでもOK!)

・コンロ

 


方法

1、鍋に水をたっぷり入れ、火にかける。

2、沸騰したら、どんぐりを入れて大きいどんぐり5〜10分、小さいどんぐり3分くらい茹でる。

3、茹で終わったら2~3日、乾燥させる。

4、しっかり乾燥したら、完了!

 

f:id:nisaisa-ikuji:20191023200553j:image

 

《冷凍させる方法》

使うもの

・冷凍庫

・ビニール袋

 

 

方法

1、どんぐりをキレイに洗い、乾かす。

2、どんぐりをビニール袋やジップロックに入れ、冷凍庫に入れる。

3、10日ほどしたら、取り出してよく乾かす。

 


☆注意☆

・穴が空いているものやヒビが入っているもの、芽が出ているものは、あらかじめよけておく。

 
・茹でる時間が短くても虫を撃退しきれず、茹で過ぎると皮が破裂してしまうことがある。

 
・茹でる方法の場合、茹で終わった後、急激に冷やすと殻が割れてしまうので注意が必要。

 
・冷凍、茹でる方法ともに、最後しっかり乾燥させることがポイント!!

 
・どんぐりを電子レンジで温めると、破裂することがあるそう…

 

 

まとめ

たくさん拾ったどんぐりを長女が家でも遊びたいというので、少し持って帰ってきて処理をしてみました。

 

それでも少し遊んだら飽きたみたいで、捨てていいかと聞いたら、すぐオッケー(;^ω^)

 

外で落ちているのを拾って、石と混ぜたりなんかして、砂をパラパラとかけたりしてお料理ごっこするのが女の子は楽しいんでしょうね。 

   

ここだけの話…次女が口にどんぐりを入れないように見ていないといけませんが、遊具よりもどんぐり拾いの方が色々と助かります(笑)